宮川 泰平

宮川 泰平

プロフィール

入社年 2015年
前職 なし
職種 土木・舗装工事現場の施工管理

目下修行中の理系男子。
仕事と趣味、どちらも楽しんでいます。

目次

入社を決めた理由

大学で環境学科に所属しており、研究で山に入り地形を測量する機会が多くありました。得能建設工業のホームページには、測量の状況写真が記載してあったので、学生時代に培った技術が応用できるのではないかと思って応募しました。

今の仕事の内容

工事の前に測量を行い、設計書と現況とのズレを確認します。
必要な構造物や施工面積を検討した上で準備を整えます。
工事の施工が開始した後も各測点毎の標高を計算し、目印を設けて現場にきている社員や下請け業者に指示を出します。
指示のもと、敷設したアスファルトや、並べたコンクリート構造物の高さや幅・密度を記録して道路をつくり、修繕を繰り返す仕事をしています。

仕事に対しての思い

設計書に書かれている数字や図を、身に付けた知識を使って読み解いていくことが面白いです。
それにもとづいて、測量器のような精密機械からパワーショベルのような強力な重機まで幅広い道具を駆使して工事を進めていくことで、数字だったものが形になっていくことに達成感を感じます。
決してひとりではできない、社会のためになるスケールの大きなモノづくりを行っていることがやりがいに繋がっています。

入社後どのような事をしてきたか

初めての経験ばかりなので、ひとつひとつできることを増やしていこうと努力してきました。
まずはやってみて、先輩から指摘や助言をもらい、少しずつ改良を重ねていくことで、ひとつずつ「できること」が増えていきました。
土木施工管理技士1級の資格を取得し、現在は主任技術者として現場を受け持っています。失敗することや経験もなしに仕事の内容をつかむことはできません。
とにかく挑戦し、失敗と気付けたら失敗した経験が増え、2度としないように反省をする。うまくいったら次のステップへ進んでいく。今も入社時も変わらず、それの繰り返しです。

自身の将来像

自分の得た経験や技術が後輩や次の世代にうまく引継ぎができるようにしたいです。
自らの体験を記録して、それを伝える説明力を磨いていきたいと思っています。

1日の過ごし方

起床して着替えて職場へ(7:10)、日中は主に現場で作業を行い、定時後は書類整理(18:00頃まで)、帰宅して風呂へ、夕食を終えて就寝(23:00)

どんな職場と感じているか

1人ひとつの現場を受け持つことになるため、自分で判断を決めていく職場です。
もちろん、経験者である先輩に相談はするが、基本的には自分で決断して工事を進めていかなければいけません。
このような環境が技術や人間性の成長に繋がっていると感じています。

職場の良い所/悪い所

良いところは、工事現場が事務所近くにあることが多いので移動が楽な点です。あと、経験に応じてどんどん現場を任せてもらえるので、成長スピードが速いと感じています。
悪い点は、近辺の同業者としか関わる機会がなく、遠方の業者との接点がないので新しい技術を取り入れる機会が少ないことと、勉強に苦手意識を持っている人が多いことです。

アフターファイブの過ごし方

趣味の映画鑑賞をすることや、身体を動かすようなテレビゲームをして過ごします。
仕事で身体を使ったときは落ち着いてできることを、頭を回転させて疲れた時は身体を動かすことをして一日のバランスをとっています。

人としての成長に注力している環境で
働いてみませんか?

エントリーはこちら 募集要項を確認する