歴史・物語

1929

得能軽車輌

1929 年 得能軽車輌

1929 年(昭和 4 年)の得能軽車輌の様子です。
当時は物流の中心として車や馬、人がその荷車を引いていました。
戦前の事ですのでなんともゆっくりした時間が流れておりました。
当時は、この荷車が飛ぶように売れたそうです。

1930

福光大橋

1930 年 福光大橋

昭和 5 年から昭和 48 年まで福光の小矢部川にかかっていた
スチールダイドアーチ型の橋です。
それ以前は木製の橋でした。

1957

小矢部川堤防

欠所復旧工事

1957 年 小矢部川堤防欠所復旧工事

昭和 32 年 4 月竣工
小矢部が増水して災害がおき、復旧工事を行いました。
当時は大型建設機械がほとんどなく、すべてがマンパワーで人力施工が中心でした。
今では考えられませね!当時の人はすごい!!

History

1929年5月11日

 

得能軽車両を創業

1949年10月1日

 

得能建設工業を設立

1968年4月3日

 

営業所を荒木5444番地をより荒木1429番地へ移る

1983年3月12日

 

代表者を得能年久に変更

1983年7月1日

 

組織変更(法人化)により得能建設工業(株)と称す。資本金5,000万円