Author
宮川 泰平

西町天神線の道路工事が完了しました

    みなさんこんにちは 宮川です。 ちょっと前まで暑かったのにもう羽毛布団やストーブを出さないと冷える季節になりました。 アスファルトの熱で暖をとる日も近いです。今のところは日中は暖かいのでまだ先ですけどね。 さて本題の工事の完了ということで早速画像で見ただきましょう 着工前 8月31日     完成 10月20日     延長は110m、20秒ほどで走り切れる短い区間ですが、傷んだ道路を直すのにまるまる6日ほどかかります。 たった6日の工事でも安全かつスムーズに行うために 1ヶ月ほどかけて協力会社や市役所と綿密な打ち合わせ・準備をするのです。 今回の工事は道路左右の車線、前後50mずつで4つにわけて作業を行いました。 傷んだ舗装を撤去して 下地を整えて 舗装 これを4日間繰り返して   さらに舗装! (交通量のある道路ではアスファルトの層を重ねることがあります) 最後に区画線を引いて完成です といったかんじで傷んだ道路の修繕工事がまた一つ完了しました。 といってもまだ提出書類(お宿題)がそこそこ残ってるので100%終わったわけではないのですが(汗) 工事において測量の手元、重機を操縦してくださった先輩方 区画線や防水材を担当された協力会社や資材会社の皆様 そして工事にあたり駐車スペースの敷地や道路を提供してくださった近隣住民の皆様 修繕工事を発注してくださったお役所様 インフラ整備にかける税金を納めてくださった全国の皆様 いろんな方に支えられて街が作られ工事をさせていただいております。 ネットの場をおかりして皆様に深く感謝いたします。   以上 宮川でした。 (詳しい舗装工事の流れについてはこちらから) http://tokuno-kk.jp/2019/08/08/%e8%88%97%e8%a3%85%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c/

舗装工事の流れ

こんにちは、宮川です。 暑くてやばい季節となりましたが、無事ケガや病気もなく工事を進めております。 今回は5・6月に施工した場所を例に私たちが行っている工事の大体の流れを紹介します。

福井工業大学にて講義

就職活動されている 学生さんにむけた ブース内での 会社説明会とは異なり、 講義の一環として 長時間の 工事内容のプレゼンを 担当することになりました。 緊張のなかではありましたが 学生さんに 土木の分野に 興味を持ってもらえるよう 全力を尽くしました。 今後も 改善点を見直し よりよい説明ができたらと 思います。  

社員紹介

みなさん、こんにちは! 今日は入社3年目となったMくんのご紹介。 2級土木施工管理技士の資格を取得、作業にも慣れ、日々奮闘中です!今は、4月半ばからスタートした東海北陸自動車道の工事現場がある岐阜県に、毎日通っています。